ビジネス 公开
[search 0]
更多

Download the App!

show episodes
 
「ビジネスプロTV」は100年以上の実績があるデール・カーネギー・トレーニングによる豊富なコンテンツを提供しています。このプログラムは、ビジネスの中でのリーダーシップ、セールス、プレゼンテーションスキルに関心がある方に向けて配信しています。
 
昨年10月にポッドキャスト配信を開始し、以来数多くの反響を呼んだドキュメンタリードラマ「ビジネスウォーズ 任天堂対ソニー」、第2弾「ナイキ対アディダス」、第3弾「TikTok対インスタグラム」に続き、シリーズ第4弾「ビジネスウォーズ コロナワクチン開発戦争」を7月1日から順次配信。 通常10年かかるとされるワクチン開発がなぜ1年足らずで完成できたのか、開発の舞台裏を6話通じて描く。番組案内役は前3作に引き続き、人気落語家・春風亭一之輔が務める。 ビジネスウォーズ番組ホームページはこちら http://www.1242.com/project/bw/
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れたイノベーター、起業家、ビジネス研究者たちがその体験や洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
これからの混沌とした時代の中で、ビジネスマンが「強く・楽しく・幸せに」生き抜くための、「最強運」を引き寄せる方法を投稿して行きます。ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法(Facebookページ)のエッセンスをお届けします。 経営者の方、起業家の方、個人事業主の方 会社員やOLの方、学生の方と 幅広い方々に聞いて頂きたい内容となっております。 ビジネスマンが「強く・楽しく・幸せに」生き抜くための本質ををお伝えして行きます。
 
「ビジネス」ってなんだろう。「働く」ってなんだろう。 学校では教えてくれない、ビジネスの“そもそも”解決番組です。コンサルタント 石丸弘氏に、駆け出し営業マン 今津叶恵が教えを請う約20分です。 ぜひ、お時間ある方は聞いてみてくださいませ。 出演: 株式会社びりかん コンサルタント 石丸弘 駆け出し営業マン 今津叶恵
 
5~20分のながら聴きで、ビジネスと経済、株価の今や人気書籍の読みどころを知ることができます!ダイヤモンド社の現場を取材している記者、書籍編集者が生の声で登場。時には特別ゲストもお迎え。ビジネスを聞く!ビジネスに効く!大正2年創業の出版社・ダイヤモンド社が、仕事に効くタイムリーな情報をザクっと深くお届けします。 ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/
 
Loading …
show series
 
記憶に残るプレゼンにおいて、印象は非常に大切です。それは間違いありません。大企業のCEOであってもシャツ、ジーンズにジーパンといったいでたちでプレゼンを行い、そのギャップもあいまって我々の記憶に強いインパクトを与えるプレゼンターもいらっしゃいました。最もその方の狙いは『服装を決めることに頭を悩ませる時間を他の決断にかけたい』という思いがあったそうではありますが。とにもかくにも、見た目の印象は我々の記憶に焼き付くものです。では、その印象が薄ければ、プレゼンへの影響はどうなっていくでしょうか。 弊社の代表であるDr.グレッグ・ストーリーが、ある大企業のCEOにプレゼンのエグゼクティブコーチングご提供した時の話です。聞き手の方々が関連会社の社長たちで、『やり過ぎと思われたくない』という理由から、そ…
 
2001年春。マクドナルドの成長は停滞しており、40年ぶりの赤字を計上することになりました。 マクドナルドはその店舗数の多さにより、あらゆる方面から標的にされていました。 スターバックスやサブウェイなどの競合他社が、その顧客を狙っています。 その上、マクドナルドは高まる健康志向や反グローバリゼーションの活動家にとって、 最大の敵とみなされ始めていました。 その影響は無視できない程になっていました。 半世紀近くの間、マクドナルドはこのような競争や嗜好の変化をはねのけてきました。 しかし、ついにハンバーガーの巨人でさえ変わらなければいけない時を迎えていました。 最終話「熱狂」 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
企業に属する誰もが、その会社を背負って仕事をしています。そしてブランドは企業の顔そのものです。ではこの顔がつぶれないようにするには、我々は何に気を付ければよいのでしょうか。 企業にとってブランドイメージは、言うまでもなく大切です。そして企業はこのイメージの為に多額の資金を投じたり、長い年月をかけたりしながら、顧客を相手にブランドを確立していきます。品質に信頼がおけるブランドと認識されれば、買い手は長期利用を考えた購入へのリスクが低下するわけです。ブランドはいわば、一定のレベルで安定したクオリティの『約束』なのです。例えば、『安さや活力』をブランドイメージとして掲げる格安航空会社のように、自社のVisionに基づいて設定されることが多くのケースです。 物質的商品を持たない、サービス業では特にイ…
 
1990年1月31日、午前6時30分。 モスクワのマクドナルド第1号店がついにプーシキン広場で開店する。 責任者のジョージ・コーホンは緊張している。 世界中のメディアが、アメリカを象徴する飲食店が共産主義の首都に登場する瞬間を目撃しようとしている。コーホンは客が来てくれるかを心配していたが、それは杞憂に終わった。プーシキン広場には何百人、何千人と見渡す限りの人々すべてが、早朝からマクドナルドのオープンを静かに待っていたのである。 この日、モスクワのマクドナルドは閉店する深夜0時までに、3万人以上の客にサービスを提供した。3万もの人々がビッグマックを買うために何時間も並び、ハンバーガーの包装紙までも記念に持って帰っていた。 モスクワへの進出はマクドナルドの世界的なブランドとしての地位をさらに確…
 
1971年7月18日、日曜日。 藤田田は、アメリカ本国マクドナルドの重役を連れ、東京の街中を歩いている。 藤田こそマクドナルドを日本に持ってきた男だ。 多くの日本人はまだハンバーガーに馴染みがない。 だが、藤田はそんな日本を変えることができると信じている。 彼はそのために、突拍子もない宣伝文句でメディアの話題を集めていた。 例えば、日本人が1000年間、米や魚の代わりにマクドナルドを食べ続ければ、背が高く、色白で、金髪になれるなどと謳った。 だが、話題作りの段階は終わっていた。 日本初のマクドナルドのオープンまで、あと2日に迫っていた。 海外進出するマクドナルドに対し、ライバルであるバーガーキングのアメリカ国内の売上は伸び悩んでいた。消費者に新しいメッセージを伝える必要があった。主力商品ワッ…
 
目まぐるしく変わる世の中。情報に入りまみれた世界、コロナの蔓延によって変わる生活スタイル。そんな中、我々はリーダーとして何に注意すればいいのでしょうか。 今我々が存在するこの世界は、いままでの歴史の中で、最も情報に満ち溢れています。Google、Yahoo、Wikipedia、YouTubeなど、入手可能な情報は気が遠くなるほど膨大です。個人の情報入手に関しても、Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagramのような強力な情報ソースがありますし、ほとんどの方がLINE、Whatsappやメールの、少なくともいずれか1つのアカウントを持たれています。世界をつなぐコミュニケーションツールなど、スカイプぐらいしか思いつかなかったものが、今やZoom、WebEx、Teamsな…
 
マクドナルドCEOに昇りつめたソナボーンは1年かけてマクドナルドの株式市場への参加を準備してきた。ライバルのバーガーシェフとバーガーキングの先を行くためには、会社に資金を調達するIPOは必要不可欠だった。 だが、ウォール街はマクドナルドを嫌っていた。金融界のエリートたちはマクドナルドを二束三文のハンバーガー屋としか見ていなかった。 投資銀行にマクドナルドのIPOを引き受けてもらうだけでも一苦労だった。 もし、マクドナルドが史上初のファストフードチェーンとして株式市場に上場すれば、その他のライバル企業へのウォール街からの視線が変わる。 果たしてファストフード界に革命をもたらした先駆者の株は飛ぶように売れるのか、それとも地に落ちるのか。 第3話「拡大」 See omnystudio.com/li…
 
プレゼンの場。それは、聴き手に我々のメッセージを伝える機会なのです。折角の機会ですから、時間が許す限りのメッセージを詰め込んで、持って帰っていただきたい。実はそこに罠があるんです。 もっとも最近に参加されたプレゼンはどのようなものでしたでしょうか。確実に思い出すことの出来る内容はどの程度でしょうか。…とあるプレゼンに、弊社の代表が興味を持って、参加した時の話です。プレゼンターの努力はプレゼンが始まってすぐに見えたそうです。多くの情報が詰め込まれたスライドからは、プレゼンターが多大なる時間をスライド作成に費やしたことが一目瞭然だったそうです。…さて、ここで最初の質問に戻ります。 後日、弊社代表がこのプレゼンにおいて確実に思い出すことの出来る内容はどの程度だったのでしょうか。残念ながらぼわっとは…
 
1948年、マクドナルド兄弟はセルフサービス、ライン生産、 そして低価格でファストフードの新時代を切り開きました。 これに触発された多くの人々は兄弟の合理的な手法に追随します。 その中には、フロリダ、ジャクソンビルの 「インスタ・バーガー・キング」(後のバーガーキング)の創業者や、 マクドナルドのフランチャイズを全国に販売する権利を手に入れた、 シカゴの野心的なビジネスマン、レイ・クロックがいました。 しかし、クロックは加盟店を集めるのに苦労しています。 ゴルフ仲間にマクドナルドを売り込もうとしましたが、 彼らは15セントのハンバーガーに将来性を感じていませんでした。 必死になっているクロックと彼の仲間たちは、 手当たり次第にフランチャイズオーナーを探し回っていました。 第2話「点火」 Se…
 
今日、どこへ行ってもファストフード店を見つけることが出来ます。 これらの店は、世界中で毎年5000億ドルを売り上げ、 日々何億人もの人々の空腹を満たしています。 熾烈な業界ですが、その中でも最も激しい戦いを繰り広げているのが、 世界を代表する巨大ハンバーガーチェーン、 マクドナルドとバーガーキングです。 この全6話のシリーズでは、 ファストフードの世界を生み出したハンバーガー戦争に迫ります。 大金が動き、ビジネス革新が起き、 同時に人々のウェストは大きくなって行くのでした。 この物語はアメリカ東海岸、ニューハンプシャー州出身の2人の兄弟が、 富を求め西に向かい、偶然にも食の大革命を起こすところから始まります。 第1話「革命」 See omnystudio.com/listener for p…
 
気持ちと行動には密接な関係があります。そしてその多くが、気持ちが行動をコントロールしている場合だと思います。では、その逆は出来ると我々にどんなメリットがあるでしょうか。 どんよりした天気の日、雨雲に太陽が隠れた暗い朝、朝から雪がちらつく日、どしゃぶり予報…天候は我々の気分に影響をもたらせます。特に営業であれば、その気持ちはひときわ強いでしょう。とはいえ、我々はプロフェッショナルとして、天候に気分は左右されても営業成績は左右されるわけにはいきません! 天候以外にも、我々の気持ちに影響を及ぼす理由は様々です。よく内容が分からない案件、自分に関係なく思うのに緊急で仕上げなければならないものの、特に重要度は低いはずなのに緊急性が高い仕事などは、これに当たるでしょう。我々は想像力豊かなので、考えてしま…
 
大切な家族行事の途中で仕事のEメールに返信した事はありますか? 休暇中に上司の電話を受けた事はありますか? ハーバード・ビジネス・スクールの教授である行動科学者のアシュリー・ウィランズによると、「常にオンライン状態」の仕事文化は個人の健康だけでなく仕事にも害を与えます。彼女はプライベートの時間を満喫することを妨げている悪い習慣と、仕事と私生活にきちんと境界線を引くための実用的な3つのステップについて語ります。由アシュリー・ウィランズ
 
『完璧なリーダーとは何でしょうか?一方思い浮かべていただいて、その方の特性を教えてください』。さて、10人にこの質問をしたら10人全員から違う答えが返ってくる、とまではいいませんが、なかなかの違いが出てくるものです。では一人にとっての『完璧』は、果して別の人にとっての完璧なのでしょうか? 上司が苦手で、あまり得意じゃない、怖い、そんなお声を伺う機会が実はしばしばあります。色々なお話の中で共通していたのは、そういった上司の方々は、大小はあっても『横暴な態度でマウントをとってくる方である』ということでした。ほぼ独断で決定した指示や命令を、コミュニケ―ション方法は度外視で発信します。会議においても同様で、自分と別意見や聞きなれない方法であれば「経験上この方法が正しいので、この方法でいきます。」と別…
 
大切な会議、会社の紹介や交渉といった、我々のビジネス生命にかかわる様々な場面でプレゼンの機会が登場します。プレゼンでの成功が、我々の生命維持にも関わってくるのです。 普段、我々はさして意識もせずに呼吸を行っているかと思います。なぜなら肺をはじめ、心臓や消化器官といった『我々の生命維持』に関わる器官は『自律神経』によって管理されているからです。そんな生命維持に係る器官のなかで唯一、肺と呼吸は、我々が意識的にコントロールすることが可能なのです。今日は我々の生命維持に関わる呼吸とプレゼンの密接な関係について話したいと思います。 ストレスを感じる場面に出くわすと、我々の体はストレスを抑制しようとしてノルアドレナリンを分泌します。この分泌によって交感神経が亢進され、覚醒作用を起こされた体は、心拍数、呼…
 
我々はビジネスプロフェッショナルとして、日々様々なお客様のご対応をさせていただいています。その中には、気難しい方やお怒りの方、癖のある方などユニークなお客様をご相手させていただくこともあるかと思います。では、その際、どういった点を意識すればよいのでしょうか。 顧客サービス部門でお勤めになられたことのある方であれば一度はご経験があるかとは思いますが、ご立腹されているお客様へのご対応は、難しい仕事の一つです。とはいえ、そのお客様の立場で考えれば、発生した問題を解決するために一日のうちの貴重な時間を割いて誰とも知らない相手に電話しなければならなくなっているわけですから、イライラしてしまう気持ちが全く分からないという方は少ないのではないかと思います。大前提としてまず我々がしなければならないのは、上っ…
 
中国は2060年にカーボン・ニュートラルを実現すると公約しており、全国の企業がこのゴールを達成するように市民も活動しています。ブルーマップというアプリを環境活動家のマー・ジュンが紹介します。このアプリは地域における環境汚染の基準違反を報告し、リアルタイムの環境データを追跡することを可能にします。また、排出者が説明責任を果たし、世界中のサプライチェーンに関わる企業が調達先について情報を元に選定できるようにします。このアプリが、透明性という力をどのように使って(現時点において)1万4千社以上に環境改善の意欲を持たせているのかをご覧ください。由マー・ジュン
 
ジークンドーの創始者、アクションスターで映画のプロデューサー、そう、今日はブルース・リーの名言から、リーダーシップについて考えたいと思います。 主に武術の面で知られるブルース・リーですが、リーダーシップの能力でも非常に優れた方であったようです。Be water my friend『水のようになりなさい』。特に有名な彼の名言ですが、他にこんな言葉も残されているそうです。『馬鹿な人間が賢明な答えから学ぶよりも、賢明な人間は馬鹿な質問から多くを学ぶ』。この言葉が果たして本当に彼が残したものなのか、その真偽は確かではありませんが、アグレッシブではありますがリーダーシップを表現する興味深い考え方だと感じました。仮に彼が本当に言ったと思うと、説得力も増すというものです。 ではこの言葉、我々のリーダーシッ…
 
世界初のコロナワクチンがついに承認されようとしています。 だが、それらは従来株のスパイクタンパク質を対象としたもので、 拡大しつつある変異株を阻止できる保証はありません。 ウイルスを封じ込めようとする人類の努力は、 振り出しに戻される危機に瀕しています。 ウイルスが新たに人を感染させるたびに、 何十億回もの複製が繰り返し行われます。 そして、複製のたびに突然変異が発生する可能性があります。 それが世界中で発生している数千万人の感染者の一人一人に 起きているため、ウイルスが突然変異して感染力を増す機会はほぼ無限大。 変異株は南アフリカ以外でも発見されました。 ブラジル、イギリス、カリフォルニア、そしてインドでも。 そして、その一つ一つが、ワクチンによる防御をすり抜ける 新たなウイルスになる可能…
 
トランプ政権の「オペレーション・ワープ・スピード」がワクチン競争を大きく加速させました。しかし、その一方で政府の資金援助を頼りにしていたモデルナは治験に黒人やヒスパニック系の被験者をさらに増やすように政府当局から指示されます。製薬会社各社は世界に対してワクチンの安全性に妥協を示さないという誓約を立てました。 そうした中、最終段階に来ているそれぞれのワクチンの最初の結果が出ようとしています。しかし、アメリカ大統領選挙が本格化する中、ワクチンに対する人々の信頼は急速に失われつつありました。 コロナワクチン開発戦争 第5話「試練そして苦難」 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
我々は時として、一人でではなくチームでプレゼンを行なうこと機会に出くわすことがあります。可能性がある限り、準備をしていて損はありません。どんなことを意識すべきなのでしょうか。 チームプレゼンを効果的に行なう為のスキルと準備力に磨きをかけるには、綿密な企画、スムーズな移行、メイントピックの論理的順序、そして専門的メッセージ分かりやすく伝える準備が必要です。プレゼンを成功させるためにチームが行なう5つのヒントを紹介します。 1点目は『力強いオープニング』です。華々しくプレゼンを始めましょう。聴き手を瞬時に引き込み、プレゼンの雰囲気を決定づけることが目的です。話す内容は慎重に準備し、聴き手が心から感動している状態で家路に着けるような、強く印象にのこる議題の定義づけ(統計値または事実)をしましょう。…
 
新型コロナは世界的なパンデミックと宣言され、多くの大手製薬会社がワクチン競争に参戦する中、バイオテクノロジー企業のモデルナ社がワクチンを治験に導入した最初の企業となりました。 元の生活を取り戻す希望の光として、世界中がワクチンメーカーに注目しています。 しかし、そのためには、製薬会社は人類史上最大規模の科学的、産業的偉業を成し遂げなくてはなりません。 彼らはワクチンが安全で効果的であることを証明し、広大なグローバルサプライチェーンを構築し、その上で、何十億回分ものワクチンを製造できる工場を過去に類を見ないスピードで用意しなければなりません。 See omnystudio.com/listener for privacy information.…
 
バイオテック企業のスタートアップ、バイオンテック社とモデルナ社は、メッセンジャーRNA医薬の理論を現実のものにするために何億ドルもの資金をかき集めました。 しかし、10年間、その大きな期待に応える製品は一つも誕生せず、2020年になるころには、投資家たちはこの夢に失望していました。 しかし、新型コロナウィルスが世界中に広まりはじめたことにより、このスタートアップ企業2社のワクチン開発能力が試される時が来ていました。彼ら以外にも、オックスフォード大学やボストンのベス・イスラエル・ディーコネス医療センターなどのライバルも開発に乗り出していました。 ワクチンを市場に出すには、膨大な資金と強大な製造力が必要です。 彼らは厳しい条件をクリアしていかなければなりません。 See omnystudio.c…
 
セールス力、それは実は、我々が幼少の時から求められる能力です。自分の話を聞いてもらい、その意見を採用してもらいます。時に我々は、自分自身を提案することもあるでしょう。『私と付き合ってくれませんか?』自分というブランドを世界にアピールいるわけです。では、我々はどのようにこのセールス力を磨けばいいのでしょうか。 我々が社会に出るまで、具体的に『セールスを学ぶ』という機会は限られています。大学で色々なビジネス関連の科目を先行していたとしても、それはセールス力をみがくという意味では直接的ではありません。特別授業などがあったとしても、専攻などは聞いたことはありません。実はこれは日本だけに言えることではないのです。アメリカにしてみても、ごくまれなケースです。セールスは科学だ、とおっしゃった方もいるほどで…
 
1995年、アメリカ・ペンシルベニア大学。 メッセンジャーRNAの研究に心血を注いできたカタリン・カリコー博士は 上司からある決断を迫られる。 メッセンジャーRNA以外の研究、すなわち資金が見込める研究をするか…降格か、ふたつにひとつ。 ショックを受けながらもカリコー博士は返した。 「では、降格してください。 この技術は何百万人もの命を救うことができます。 例え難しくても、あきらめる事はできません」 25年後、百年に一度とも言われるウイルスが世界を覆いつくす時、人類はあの日の彼女の決断に感謝することになる。 ビジネスウォーズ シリーズ第4弾コロナワクチン開発戦争  第2話「ハイプ・サイクル」 番組案内役は人気落語家・春風亭一之輔が務める。 See omnystudio.com/listene…
 
今回のシリーズでは、新型コロナウイルスのワクチン開発をかけた 製薬業界の猛進劇を追います。命を救うための時間との闘い。 それはまた、年間ベース1,000億ドル規模の価値を持ちうる 世界的な新型コロナワクチン市場への参入を目指すものでもある。 しかし、多くの試練が待ち受ける。 科学的なブレークスルーを達成し、製造規模を拡大し、 果てしなく複雑な流通ロジスティックスと格闘しなければならない。 それもアメリカの政治的摩擦を相手にしながら。 そして、このウイルスは多くの命を奪い、 社会を危機に追いやるだけでなく、常に変異を繰り返すのである。 2020年1月3日、中国・上海公衆衛生臨床センターにバイオハザードマークが貼られた金属製のケースが持ち込まれる場面から始まる。 番組案内役は人気落語家・春風亭一…
 
企業にとって、新陳代謝は必要不可欠です。『人が抜け、新たに人が入ることで新しい風が組織に入り、それにより我々は更なる進歩を作る』と仰る方がいらっしゃいます。考え方の一つとして、決して間違えているわけではございません。ではこの考え方『去る者は去ればいいじゃないか』ということなのでしょうか。 どの業界でも優秀な社員の需要は当然高く、競合他社からの勧誘も引手あまたでしょう。難かしいプロジェクトを成功に導き、組織内のリーダーの役割も果たす資質も備えていらっしゃる方は、それこそライバル企業は様々な優良待遇を提示して引き抜きにかかるでしょう。そんな時、今ある仕事や会社に対してエンゲージメントや適切なモチベーションを感じられなければ、勿論、他社からのオファーをとることでしょう。優秀な社員を失うことは企業の…
 
『こちらの企業ではこんな成果が出たんです!』商品の良さを伝える証拠として多大な威力を発揮する成功事例の紹介ですが、こと日本において、顧客から事例紹介の了承を得るのは、簡単ではありません。表に出た情報が会社にどのような影響をもたらすか、先方も慎重になるわけです。たとえ円満で大きな成功に収まったとしても『紹介はNGです。』と断られるかもしれません。この難題解決のヒントはあるのでしょうか。 先方に「NG」と言われた場合、たいていは会社規定などの理由から本当にNGであることが殆どで、この決定を覆すことはまず難しいでしょう。『この素晴らしい成果を成功事例として使わせて欲しいんです』といくら頼んだところで、『紹介したいのはやまやまなのですが、1社に許可をだしたら、他社にも許可出さなくては『えこひいき』に…
 
公開講義やプレゼンといった『パブリック・スピーキング』は、対面においてもオンラインでも非常に有効なマーケティングツールの一つです。会場手配などを除けばコストもかかり辛く、ブランドの周知や商品のアピールなどが出来るので、コストとリターンの面で業績に大きな影響が期待できます。問題は、どのようにこのパブリック・スピーキングのプレッシャーに臆さず、立ち向かうか、ですよね。早速見ていきましょう。 最初のポイントは『ご自身が成功している姿を思い描く』です。エイブラハム・リンカーンはこう仰いました『人は自らが思い描いたとおりの人間になる』と。スピーチに臨む前は、ポジティブな言葉を書き出したり復唱しましょう。例えば『今日の聴き手は皆私のファンになっちゃうぜ!まいっちゃうな!』と口に出すのです。言霊という言葉…
 
第3弾となる本シリーズでは画像投稿アプリの「インスタグラム」と短編動画アプリ「TikTok」のふたつの企業の誕生と成長、そして後に世界中、さらには国家の思惑も絡みつつ繰り広げられることになる熾烈な覇権争いを5話通じて描く。 最終話では、世界的なパンデミックによりTikTokは多くの視線を集めることに。また、インスタグラムは、10億人のユーザーに向けて新機能を公開して反撃に出ます。そして、TikTokの前には、アメリカの最高権力者という新たな脅威が現れます。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
我々リーダーは、時に権限委譲をします。理由は様々あるかと思いますが、権限委譲のその先、リーダーが不在の際にも責任とオーナーシップを持って業務に対応する、そんなご自身の『代理人』を育成することは、組織の将来を成功に導くには不可欠です。では、その為に我々は何を意識すべきでしょうか。早速見ていきましょう。 最初のヒントは『長期戦略と人事計画を一致させる』です。まず、会社の5-10年先の長期のビジョンと、その為の目標達成に必要なリソースを明確にします。ビジョン達成には何が必要になりそうか、チームの人数はどうでしょうか。この数字は、当然ながらコストとキャッシュフローを左右する重要なキーです。この際、一人一人の生産性や価値観を把握しておくことが、後の権限委譲や代理人育成に大きくかかわってきます。また、生…
 
第3弾となる本シリーズでは画像投稿アプリの「インスタグラム」と短編動画アプリ「TikTok」のふたつの企業の誕生と成長、そして後に世界中、さらには国家の思惑も絡みつつ繰り広げられることになる熾烈な覇権争いを5話通じて描く。 TikTokの快進撃で追い込まれたフェイスブックはアイディアの盗用で攻撃を仕掛けますが、ユーザーからの評判は芳しくない。一方、TikTokはポップカルチャーの中で確たる地位を築き始めますが、「規制」という大きな壁に直面することになります。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
第3弾となる本シリーズでは画像投稿アプリの「インスタグラム」と短編動画アプリ「TikTok」のふたつの企業の誕生と成長、そして後に世界中、さらには国家の思惑も絡みつつ繰り広げられることになる熾烈な覇権争いを5話通じて描く。 第3話では、TikTokが国際的に展開され、世界の舞台に躍り出ます。一方、アメリカでは、ザッカーバーグの介入により、インスタグラムは大混乱に陥ります。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
我々にとって、理想的なクライアントとはどのような方でしょうか。具体的なイメージや、その方とどのように信頼を構築していくかなど頭に浮かびますでしょうか。具体的なイメージを持つことが、セールスの成功にどれだけ大きな影響をもたらすのか。早速見ていきましょう。 物書きの方を例にとってみましょう。先生と呼ばれる『売れっ子』の物書きの方々は、読み手のイメージを鮮明に設定し、その方に刺さる伝え方や表現方法を使われる方が多いようです。その為に『コア』なファンがついたり、逆にこの設定イメージに合っていない読み手にとってはそこまで刺さらない、なんて差がでてくると言われています。 この先生の本は心にぐっと刺さる。概要はさておきとりあえず読む!なんて話、聞かれたことや体験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。…
 
第3弾となる本シリーズでは画像投稿アプリの「インスタグラム」と短編動画アプリ「TikTok」のふたつの企業の誕生と成長、そして後に世界中、さらには国家の思惑も絡みつつ繰り広げられることになる熾烈な覇権争いを5話通じて描く。 第2話では、インスタグラムの創業者となるシストロムとクリーガーのスタンフォード大学での運命を変える出会いと、彼らを大成功に導いた決断に迫る。 同じころ太平洋を隔てた中国でTikTokの創設者は、中国の人々を熱中させるソフトを立ち上げていた。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
第3弾となる本シリーズでは画像投稿アプリの「インスタグラム」と短編動画アプリ「TikTok」のふたつの企業の誕生と成長、そして後に世界中、さらには国家の思惑も絡みつつ繰り広げられることになる熾烈な覇権争いを5話通じて描く。 第1話のタイトル「コードネーム」とはケビン・シストロムがインスタグラム開発の際につけた仮の名前だった。ガールフレンドの何気ない一言が彼の人生を大きく変えてしまうことはこの時まだ知る由もなかった。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
聴き手のまなざしを一身に受ける、あまり得意ではないという方もいらっしゃるかと思います。特に反対意見やこちらのあら探しをしようとしている聴き手にじっと見つめられれば、緊張が高まってしまうのは想像にたやすいでしょう。手助けとなるマインドセットとお勧めの対処法があります。 我々が緊張してしまう理由の大きなところでは、ネガティブ思考に走るところではないでしょうか。聴き手の表情から『うわっ、つまらなそうな顔してる!』とか『こっちの人は私をにらみつけてる!』とか『全然刺さってないように見える!』といった印象を感じ『もしかしたら何か言い間違えたのでは!』と想像が暴走を始め、ネガティブ・ループに陥ってしまうケースをよく耳にします。まず、念頭に置くべきは『人を見た目で判断してはいけない』ということなのです。 …
 
今回のテーマは「突然話題沸騰のNFT」です。 NFTとは「Non-Fungible Token」のことで、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれています。 なんのこっちゃ!?と思われるかもしれませんが、今、米国と日本で急激に話題になっています。なにしろ、この技術を使ってツイッターの創業者は自身の最初のつぶやきをオークションにかけて、3億円で売れました。さらに、別のNFTを活用したデジタルアートは70億円で売れています。 ざっくりいえば、暗号資産に使われる技術をつかって複製不可能な識別を与える、という技術です。つまり、デジタルの作品でも「この作品は世の中にたった一つしかありません」と担保できるわけです。 本日はウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長の西山誠慈さんをゲストにお招きしてお届け…
 
チームメンバーが能動的に仕事に取り組む環境作りには、高いエンゲージメントが大きな影響を持つ要素の一つといわれています。そして同時に、このエンゲージメントを高めるという行為は、リーダーが直面する最も困難なチャレンジの一つでもあるのです。時間とともに低下する傾向をもつチームのモチベーションを保ち、成功への貪欲さと高いコミットメント力を引き上げるには、リーダーは何に気を配るべきなのでしょう。6つのポイントに分けてお話をします。 1つ目のポイントは、『部下からの信頼をまず得ること』です。 想像してみてください。仕事がしやすいかどうかは一旦端に置き、次の2つのうち、仕事率が同じ場合にどちらに『より』相手に信頼を感じますか?自分の考えや意見を受け入れようと、認めてくれようと努めてくれる人物か、それとも自…
 
今回で ZAKU Biz は100回目となります。そこで文藝春秋さんとコラボして「出版社と音声の未来」について語ります。 お話を伺いするのは文藝春秋の編集者で「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャーの村井弦さんです。 ダイヤモンド編集部からは塙花梨と、いつもZAKUBizをお届けしている清水量介の2名が参加しています。 ZAKU BizはPodcastだけではなくて音声プラットフォームのVoicyでも同じ内容を提供していますが、村井さんもVoicyで番組を提供していて、そうしたご縁で今回の特別回となりました。 村井さんのVoicyはこちらです。 文藝春秋 村井弦のひとり編集部 https://voicy.jp/channel/1101/137273 今回は特別回なので普段のニュース…
 
若年層中心にファッションアイテムとして定着し、一国のGDPに相当するほどの巨額の利益を生み出すスニーカー産業で今もなお続く2大スポーツブランド、ナイキとアディダスの熾烈なシェア争いを6話通じて描く。 ナイキとアディダスの何十年にも渡る激しいライバル関係は結果、スニーカーというものを文化、さらには芸術へと昇華させる事となった。 最終・第6話では2010年代になっても繰り返される両社の浮沈を賭けた攻防の模様をお届けする。 そして戦いの最前線に別れを告げる時、老将は何を語るのか…? See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
『3日坊主』、何をするにしても我々が避けたい教訓ですよね。一年の始めでも、何か新しいことをするにも、明確度は違えど多くの場合、我々は目標や達成基準を設定してから取り掛かります。ビジネスプロフェッショナルとして、そして時に自分の価値や意見を伝える人生の中でのセールスとして、3日坊主を避けることは、成功のカギになります。数あるヒントの内から今回はプラン建ての方法も含めた4つのヒントを見てみたいと思います。 ヒントの一つ目は『自分を責めない』ことです。時に我々は、何かしらの熱にあてられて大きな火の燃え上がりを感じます。素晴らしいことです。気を付けなければならないのはその時設定した基準は時に、現実味を全く帯びていないこともあるということです。 我々の中には、結果に対し成功か失敗かの2択しか与えない方…
 
今回のテーマは「ついに米国がリチウム採掘に本腰」です。 今回のアップでZAKU BIzは99回目です。 そこで、昨日に引き続き今日も「ほぼ100回記念」として、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長の西山誠慈さんをゲストにお招きしてお届けします。 なぜ、今になって米国はリチウム採掘に本気を出しているのでしょうか。 実は!ダイヤモンド・オンラインの有料版は追加料金なしで「ウォール・ストリート・ジャーナル」日本版&米国版が読めるのです! https://promo.diamond.jp/select/?return_to=https://diamond.jp/articles/-/265281?page=2 登場する記事はこらちです。 米EVの未来託すリチウム生産、その仕掛け人とは htt…
 
本日のテーマは「ウォール・ストリート・ジャーナル」って何!?」です。 ニュース記事や映画などで「ウォール・ストリート・ジャーナルによると」や「ウォール・ストリート・ジャーナルが報道しました」などと、聞いたことがあるもしれません。 実は!ダイヤモンド・オンラインの有料版は追加料金なしで「ウォール・ストリート・ジャーナル」日本版&米国版が読めるのです! https://promo.diamond.jp/select/?return_to=https://diamond.jp/articles/-/265281?page=2 そこでウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長の西山誠慈さんに「そもそも、ウォール・ストリート・ジャーナルって何!?」と、聞いてみました!どんなメディア?社会を揺るがすよ…
 
今回のテーマは「イチゴ」です。今、世界では植物工場に注目が集まっています。 ニューヨークで1パック6000円で売れるイチゴがあります。そのイチゴをつくるのは、世界で初めて植物工場でイチゴの生産・販売に成功し、トヨタ自動車やソニーが出資するファンドから55億円を調達した日本人です。 それを実現できた背景には独自の技術がありました。 一方で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから500億円超の出資を受けた、アメリカの注目企業の植物工場は、前評判ほどうまくいっていないようです。 紹介する記事はこちらです。 トヨタとソニーが55億円出資する世界初「イチゴ工場」の勝算、ソフトバンク野菜工場を圧倒 https://diamond.jp/articles/-/263815 --- Send in a v…
 
今回のテーマは「中国株」です。 日本では、あまり人気のない中国株。しかし、中国経済の好調とともに、中国株は日本の個人投資家にとっても無視できない選択肢となってきています。 例えば、あるハイテク企業の株価は14年で60倍です。その爆発力の程とは? 日本人投資家が知らない中国株の魅力とリスクを紹介します。 エピソード内で触れている記事はこちらです。 日本人が知らない「中国株」の爆発力!あのハイテク企業の株価が14年で60倍 https://diamond.jp/articles/-/264543 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/diamond-zakubiz/message…
 
若年層中心にファッションアイテムとして定着し、一国のGDPに相当するほどの巨額の利益を生み出すスニーカー産業で今もなお続く2大スポーツブランド、ナイキとアディダスの熾烈なシェア争いを6話通じて描く。 90年代、「Just Do It」のキャッチフレーズと共に快進撃を続けるナイキ。 圧倒的な差を前に、誰もが時代の趨勢は明らかと思っていた中でも、アディダスは諦めてはいない… 第5話では、アディダスが繰り出す反攻のエピソード、そしてナイキが抱える苦悩を描く。 See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
本日のテーマは「野村総研」です。 週刊ダイヤモンド 2021年 3/13号「日経平均3万円時代の最強株」では、株価が数倍から10倍、あるいは100倍も伸びたような、成長企業を紹介しています。誌面では、そうした企業の社長や経営幹部が登場し新戦略を初公開。 本日は、特集の登場企業の一つ、野村総研について紹介します。 お話を伺うのは野村総研について執筆したダイヤモンド編集部の竹田幸平さんです。 登場する特集はこちら。 週刊ダイヤモンド 2021年 3/13号「日経平均3万円時代の最強株」 https://www.amazon.co.jp/dp/B08WZF3Z9B --- Send in a voice message: https://anchor.fm/diamond-zakubiz/mess…
 
今回のテーマは、なんと「1本1000円のバナナ」です。 ダイヤモンド編集部の恒例企画となった「中小キラリ農家ベスト20」。ずばぬけたビジネスモデルや独自の経営哲学を持つ中小農家をランキングしたものです。 今年のトップはバイオテクノロジーで国産のバナナやコーヒーの栽培を可能にし、その苗を1株3万円で売る「異次元」の農家。経歴からビジネスモデルまで型破りです。 全国トップクラスの高収益農家に、儲かる秘訣を公開してもらいました。 紹介する記事はこちらです。 すごい中小農家ランキング!首位は国産バナナ「1本1000円」を布教する規格外研究者 https://diamond.jp/articles/-/263798 --- Send in a voice message: https://anchor…
 
若年層中心にファッションアイテムとして定着し、一国のGDPに相当するほどの巨額の利益を生み出すスニーカー産業で今もなお続く2大スポーツブランド、ナイキとアディダスの熾烈なシェア争いを6話通じて描く。 第4話の舞台は1980年代。激しくぶつかり合うナイキとアディダスという2つの数百万ドル規模の巨大スニーカーブランドのライバル関係に転機が訪れる。 そのカギは…そう、マイケル・ジョーダン。一方アディダスは… See omnystudio.com/listener for privacy information.由ニッポン放送
 
これは、弊社のCEOが海外でとあるグローバル企業のスピーチに参加した時の話です。 参加者一同が一流ホテルの大きな会議ルームに通され、ランチを取りながらしばらく歓談をしているうちに、プレゼンテータ―であるこの企業のCEOが会場に入られ、皆さんが拍手で彼を迎え入れたそうです。有名ブランドの美しいスーツに身を包み、丁寧にセットされた髪型からつま先まで、壇上に上がるまでの彼の姿は溢れんばかりの自信に満ちていたようです。会場の聴き手これからどんな素晴らしい話が聞けるのかと皆興味津々で耳を傾けていたそうです。お茶目なジョークを交えたスピーチが始まり、更に聴き手がのめりこみ始めたところで、雲行きが怪しくなってきたそうです。曖昧で微妙な表現が多く出始め、次第に論点があやふやで関連付けが難しく、理解に苦しむよ…
 
Loading …

快速参考指南

Google login Twitter login Classic login